2017年3月14日火曜日

現代俳句協会創立70周年記念 事業部合同企画 青年部第151回勉強会 実験句会「シカクカイ」


事業部主催の、高柳重信に関する講演会(http://www.gendaihaiku.gr.jp/news/?id=13)に合わせて、青年部の実験句会を企画しました。前衛俳句の旗手・高柳重信は、行をいくつも分けて書く多行俳句や、言葉を視覚的に組むカリグラムの手法をいかした俳句など、視覚詩としての俳句の可能性を追求しました。その「見る俳句」の可能性を、もう一度、創作と句会をとおして考え直してみたいのです。句会では、A4サイズの紙1枚、視覚を刺激する自作の俳句を持ち寄って、選句・合評を行います。重信の挑戦した多行俳句やカリグラムでも、その他のどんな試みでもかまいません。重信の視線の先を見つめて、新たな俳句の可能性に挑戦してみませんか。


【日時】

2017618日(日)10時~12

9:30開場、9:50作品提出締め切り)


【場所】

玉川大学キャンパス内(教室未定・決定次第情報更新)

(小田急線・玉川学園前駅 下車徒歩3分)


【持参】

自作の視覚的な俳句作品(新作に限る) 当日9:50までに、会場にて提出

→様式・A4サイズの紙1枚(縦横・句数は自由)

   ・当日、直接作品提出後、そのままコピーして参加者に配布します

   ・高柳重信が多行俳句やカリグラムなどに挑戦したように、視覚を刺激する作品を、自由に創作してください


【参加費】

500円(学生無料)


【申込・問合せ】

要申込

現代俳句協会事務局 TEL 03-3839-8190 / FAX 03-3839-8191

青年部アドレス genhai.seinenbu@gmail.com

2017年3月13日月曜日

現代俳句協会創立70周年記念事業 青年部第149回勉強会 【読書リレー「ただならぬ虎と然るべくカンフー】



【概要】
この1年の間に刊行された、4冊の句集の読書会です。小津夜景『フラワーズ・カンフー』(ふらんす堂)、岡村知昭『然るべく』(人間社)、中村安伸『虎の夜食』(邑書林)、田島健一『ただならぬぽ』(ふらんす堂)。197173年生まれ、同世代の4人の句集が、今、話題を集める理由は何か。一日かけて考えます。


【日時】
2017422日(土)


10:0011:00 1限『フラワーズ・カンフー』発表:関悦史(聞き手:黒岩徳将)

11:1012:10 2限『然るべく』発表:橋本直(聞き手:黒岩徳将)

(昼)

13:3014:30 3限『虎の夜食』発表:千倉由穂(聞き手:生駒大祐)

14:4015:40 4限『ただならぬぽ』発表:柳本々々(聞き手:生駒大祐)

15:5516:45 5限 全員集合で総括

9:30開場、16:45終了)


【場所】

都立多摩図書館 セミナールーム1

185-8520 国分寺市泉町2-2-26(JR中央線・西国分寺駅徒歩7分)



【参加費】

1コマ500円 1日通し券1500円(学生は1日通しで500円)
聴講コマの10分前にお越しいただき、入口にて受付を済ませていただくようお願いいたします。

【備考】
当日、各句集の30句選を資料としてお配りします。
 


【申込・問合せ】

要申込(定員80名・受付順)

現代俳句協会事務局 TEL 03-3839-8190 / FAX 03-3839-8191

青年部アドレス genhai.seinenbu@gmail.com