2019年8月31日土曜日

【ゼロ句会 9月】のお知らせ

49才以下の若手句会として、毎月第3土曜の午後・現代俳句協会事務所にて開催している【ゼロ句会】。 現代俳句協会青年部アンケート「俳句の未来の多様性のために、今、現代俳句協会ができること」の結果を受けてはじめました。 有季定型から無季破調まで、合評がフラットに飛び交う句会です。 協会員に限らずどうぞお気軽にご参加ください!

~現代俳句協会青年部主催~

【日時】
2019年9月21日(土)13:30〜16:30 (投句締切は13:50です)

【場所】
現代俳句協会事務所(東京都千代田区外神田6-5-4 偕楽ビル外神田 7階)
最寄駅:東京メトロ銀座線「末広町」徒歩5分、JR「御茶ノ水」駅徒歩10分

【参加対象】
49才以下の方

【出句】
持ち寄り5句出し(当季雑詠)+席題若干句

【参加費】
500円

【申込・問い合わせ】
要申込(定員20名、受付順)
現代俳句協会事務局 TEL 03-3839-8190 / FAX 03-3839-8191
青年部アドレス genhai.seinenbu@gmail.com

2019年8月26日月曜日

第161回勉強会「出張ゼロ句会in北上」告知

現代俳句協会青年部出張ゼロ句会、今年は「北上」で勉強会、句会を行います!
詳細は以下チラシをご確認ください。
お申し込み、お問い合わせはgenhai.seinenbu@gmail.comまで。
皆様のご参加、お待ちしております!
テーマ「俳句表現の未来を問う」
現代俳句を「内容」と「表現」の二側面に分けて考えた場合、「表現」の変化・多様性は見逃せない。「内容」は当然のごとく時代によって移り変わりがあるだろう。 しかし、表現については時代性を反映したり、 俳句形式の可能性を拡げていくのにもっと議論されてもいいのではないだろうか。 一字の違いで世界を変えられるのか。もしくは「表現」で変える必要などないのか。「表現」(文法、韻律、修辞も含む)について、北上の地で徹底的に考えたい。
日時
20191019日土曜日
10時~12時 句会(定員30名、受付順)
13時~16時 シンポジウム
場所
日本現代詩歌文学館
岩手県北上市本石町2丁目560
出演者
成田一子 (「滝」主宰) 
浅川芳直 (「駒草」所属「むじな」)
及川真梨子(「小熊座」同人「むじな」)
大塚凱  (「真空社」社員) 
司会
黒岩徳将 (現代俳句協会青年部副部長)
問い合わせ先 要申込
現代俳句協会事務局 
TEL 03-3839-8190 / FAX 03-3839-8191
メール genhai.seinenbu@gmail.com
句会・シンポジウム・懇親会それぞれ参加申 
 し込みをお願いします
句会詳細は参加申し込み後事務局からお知ら
 せします
カンパも承っております